【2】自分カウンセリングノートの書き方

手帳・ノートワーク術

今日も幸せ感じて生きております、みさとあれんです♡

さて、今回のレッスンは「ノートの書き方」に関して。

どんな風にみさとあれんが書き進めているのか書いていきたいと思います。(具体的にどう書くかは各ワークを参照ください)

初めてノートワークをされる場合

「今までノートワークなんてしたことないよー」という方、ご安心下さい。
みさとあれんも、2019年まではノートワークなんてしたことありませんでした(笑)

私もいろいろな方のワークを拝見し、やってみたのですがやはり全部をやり遂げるのは難しく。
だんだんと自分が一番いいと思うところに着地しました。

ので、一応私が今までやってきたワーク含めてこれからお伝えしていきますが(別記事になります)、ご自身のペースでやれるところから始めてください。

ノートにこうあるべきだ!という正解はありません。

全部、自分で決めて大丈夫なのですから♡

ノートに書く手順

最初は何から始めていいか迷いますよね。

たくさんのワークの中から気になるものから始めても結構ですし、個人的には今抱えている問題、トラブル、モヤモヤしていることからやっていくといいと思います。

始めるテーマ

  • 現在のモヤモヤしていること
  • 自分の好きなこと、嫌いなこと

このあたりから始めるのがおすすめです。

やり方はワークの方法を参照してください。

ノートに書く分量

ノートにどれくらい書いたらいいの?という疑問がわいてくるかと思います。

私が一番最初にノートワークを始めた際に書いた部分を改めて見直してみたのですが、
当時は

「双子が3歳になって幼稚園に行くようになると、ますます仕事の時間が減るため、
仕事と育児のバランスをどうしよう?」

という悩みからスタートしています。

なので、
仕事の見直し
仕事の内容の見直し
業務の効率化
このあたりのことを書くことから始めました。

ページ数にして4~5ページです。

仕事のことを書き始めていたら、

自分の嫌なこと
自分の好きなこと
どんな仕事のスタイルがしたいか

などどんどん派生していき、1日で10ページ以上はノートワークをしていました(笑)

でも、この日は単に頭の中のものを書き出したにすぎず、魂の望みが分かるまでには至っていません。

字のうまさは二の次でOK

私は字がとっても汚いです(汗)

なので、ご安心ください。文字の汚さとノートワークの効果は特に関係ありません。

手書きで書くこと、に意味があり、ご自身がなんて書いてあるか分かればOKです(笑)

なお、装飾的にはシールやステマ、スタンプなどでテンションあがる感じにすると、後日見返した時も含めてテンション上がります。

自分の望み、魂の望みを知るまでが第一関門

まずは、ノートに何となく書き始めることからでOKです。

何日か書いていると、エンパス体質やHSPの方は、数日分見直していくと気づきが出てきます。

「あ、自分ってこう考えているんだ」
という気づきです。

その後は、その気付きを掘り下げていけばOKです。

特に、感情面の揺れと、現状の問題点に焦点を当てていくと分かりやすいです。

魂の望みにどうぞ辿り着いてくださいね。

ご自身でたどり着けると、至極の幸せを感じます♡

大切なことは続けること

だいたいのところ、3日くらいは何となく頑張れるのがこのノートワーク。

その後、「何を書いたらいいのかよく分からない」となり、フェードアウトする方が多いようです。

それだともったいなさすぎます!!

とりあえず、質問は常時受け付けてますので、質問いただくなり、オンラインレッスン限定記事だけでも読み進めるなりしてモチベーションをぜひ維持してくださいね。

習慣的になってくると、1日2ページ程度、普通に書けるようになってきますし、ふとひらめいたこととか、気になることのメモ的に活用したりも出来るようになってきます。

魂の望みは、モヤモヤポイント、ご自身の好きなこと・嫌いなこと から導き出されることが多いですので、先にノートワークでそれらに取り組み、ご自身の本当に望んでいることやこれからのビジョン、役目などがご自身の中で腑に落ちると、毎日が途端に楽しくて仕方がなくなります♡

これぞ、人生パッカーン という感じです。

ご自身の魂の望みに到達された方は、その後は

  • 感謝ワーク、良かったことワークなど
  • 読書からの気付き
  • その時の問題点の整理

などを毎日進めていく形になります。

ノートワークは脳を整理するために行う

  • 続けること
  • 毎日やらなくてはいけない、というストレスを自分に与えないこと

エンパス体質やHSPの方にとって、このノートワークは脳を整理するために使うアイテムです。

出来ない日があっても大丈夫。
いつもより書けなくも大丈夫。

なんで書けなかったのか?を書くだけで後日、「ああ、そうだったんだ」とまた気づきがあります。

自分のペースでコツコツ続ける。

楽しい毎日を送る。

自分の時間を楽しむ。

ノートワークは、ご自身の未来であり、願望であり、現在でもあります。

スマホに録音しておいて、後日書くという手もあります。

ご自身のペース×スタイルでまずは魂の望みに辿り着いてください。

書き方まとめ

みさとあれん式自分カウンセリングノートワークの書き方をまとめると・・

その1
日付を書く。(私は日付のほかに、干支や四柱推命の化学式を書いてます。例えば庚子年 己寅月 丙午日。合、刑など。風水手帳お持ちの方は、ご自身のその日の記号などを書くと意識しやすくなります。)

その2
ワークを書く。その日によってご自身でチョイスしてください。私の場合は、感謝ワークと、今日良かったこと(もしくは昨日良かったこと)ワークを書いた後に、読書ワーク、モヤモヤ解消ワークをやることが多いです。時間がない日は、箇条書きで良かったことワークだけ、とか。読書している時には読書ワークを先にやるとか臨機応変にやっています。分量や文字の汚さ、体裁などにこだわりはじめると続かないので、ある程度ラフな感じでやるといいかなと思います♡

その3
後で見返した時に、分かりやすいように強調したいところは赤で囲むなどしておくと便利です。私の場合は、1週間に1度くらい、過去1か月分の重点事項とか、書いたことで目についたところを見直してます。そうするとかなり気づきがあるのです!ぜひお試しを。

その4
スタンプやシールなどで見た目を整える。これに関しては、書く前にやってもOK.私は、書く前に一部スタンプを押し、その後書いた後に空白を埋めるようにシールやスタンプしています。

となります。

上記の写真は感謝ワークの一例です^^

まずはとにかく、書くこと。

自分のハート(魂の声)の声を書き出すことから始めてくださいね!

♡繊細さんが魂の望みを知るための
自分カウンセリングオンラインレッスン募集中

♡3,000名以上が購読中!
みさとあれんのメルマガ

♡みさとあれんプロデュース!
五感を高める浄化コスメ・お守りこすめ

エンパス体質診断はこちらから
姉妹サイトです。

みさと あれん

10,220 views

エンパス体質な占い師/自分カウンセリング&おこもりビジネス提唱者/双子のアラフォーママ。  未来に何が起こるのかなどを察知する力(物を通して察知する力)があ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

自分カウンセリングの世界へようこそ

本サイトでは、エンパス体質な占い師・三里あれんが、繊細さん(エンパス体質やHSP)が魂の役割を見つけるための自分カウンセリングノートワーク術を中心に、自宅にいながら簡単に自分自身を生きる方法をお伝えしています♡